密着ぷらそにか!!

  • はてなブックマーク

毎週金曜日にYoutube上にカバー動画をアップしているアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」
今回はそのコンテンツができるまでの行程を公開!!!


●事前に・・・
score

収録日から遡ること数日。
参加するメンバーで構成されたLINEグループで、カバーしたい曲の候補を出し合いつつみんなで選曲します。
今回は、BUMP OF CHICKENの「Aurora」に決定。
参加メンバーの歌いやすいキーを探して、そのキーに合わせた譜面を共有しつつ、同時に楽器の割り振りも決めておきます。

●収録日11:00
プリプロ

楽器隊の面々が集合。
事前にある程度それぞれの楽器が担うフレーズや役割を振り分けてはいるものの、実際に合わせてみるのは初めてなので、まずはリハーサル。
ちなみに、パーカッションのsuzu、グロッケンの菜摘は、ベーシックのリズム隊を録った後に、上から重ねてダビングしてゆくので、この時点ではまだ合流していません。

アレンジ
リハをしながら、アレンジを詰めてゆきます。
実際に音を出しながら楽器の出し入れを決めていったり、コードを少し変えてみたり…。
なにしろ、使用する楽器が限られているので、原曲通りのアレンジをそのままなぞると平坦な感じになっちゃったりすることもあって、そういう時は大胆に原曲にないアレンジを加えたりも…。
今回のアレンジの要は、Dメロとエンディングに出てくるエクストラカホン。
通常のカホンに加えて、極端にリバーブの深い音を上から重ねて、雰囲気の転換を演出します。

●12:30
マイキング

ひと通りアレンジが固まったところでレコーディングの準備です。カホンにマイクを立てています。
音決めをしてたら、ベースの回線に薄っすらとノイズが乗ってる…、ってことで、トライアングルのビーターを使ってアースを落としているところ。アース線に繋いだビーターは、靴下の中に突っ込みます。
ぷらそにかの現場では「感電しましょう」という言い方で通じるお馴染みの光景。

リズム録り
この日は、カホンとピアノとベースを“せーの”で録るところからスタートしました!!!

ベースダビング
全体的にノリが良かったテイクをOKとしつつも、部分的に直したいっていう人はそこを修正していきます。
こだわりの晃世はベースのフレーズに納得がいかなかったようで、そこだけ直しを重ねています。頑張れ!!

A_Guitar
続いてアコギ。
ギターを後から録るのは、カホンとギターを同時に録ろうとすると、ギターを狙っているマイクにカホンの音が乗ったり、その逆もあったりで後々困るから。曲によっては、先に仮ギターだけ録っておくこともあります。

りらちゃん登場
上野君がアルペジオのギターを録音してる最中に、もう1本のストロークのギターを弾くりらちゃんも登場。
残りの3人は楽器の録音が終わって余裕の表情。

●14:00
Glocken

ベーシックの楽器が録り終ったら、今度は上物(うわもの)のダビングです。
菜摘も合流して、原曲ではピアノの印象的なフレーズを鉄琴で再現してもらいました。

歌割り
他の人が楽器のダビングをしている最中に、歌の割り振りを決めているところ。
曲の雰囲気を聴きながら、
「ここはりらちゃんが良いんじゃない?」なんて言いながら決めています。

suzu
今回suzuはパーカッション。
タンバリン、トライアングル、シンバルロールなどを次々に重ねてゆきます。
「顔は写さないでー!!!」だそうで…。
あ、はい…、わかりました…。

Hand_Clap
ひと通り楽器を入れた後、最後のサビ前に入っているハンドクラップを録って、オケの録音は終了。

●15:30
歌録り

ここからは歌録り。
基本的には歌割りに基づいて、曲の頭から順番に録ってゆきます。

Natsumi
ほかの人が録っている間に、自分のパートを再確認する菜摘姐さん。

Vo_Dub
さぁ、どんどん録ってゆきましょう!!!

おやすみ…
歌に関しては楽器以上に集中力も必要だし、人数が多いと待ち時間も長くなります。
この頃には若干お疲れモードのメンバーもチラホラ…。

Setting
歌も録り終って、コーラスの重ねなどをやっている間、手の空いているメンバーは撮影の準備に。
「今回はどんな感じの映像が良いだろう…」などと、完成形を想像しながらセッティングをしてゆきます。

●18:30
MakeUp

レコーディングも無事に終了。
続いて撮影に突入するので、身だしなみにも気を遣う女性メンバーと、気を遣わずにセッティングを続ける上野君。

Reh
この日は、最初に演奏シーンから撮ることに。
全員で演奏しているシーンを撮っている最中に、もし間違ったりしたら撮り直すことになっちゃう。
そうなるとみんなに迷惑を掛けちゃうので、自分のプレイをおさらいするメンバー達。真剣です。

Shooting
全体のセッションシーンや個人カットなど、特に絵コンテもないままに闇雲に撮ってゆくのが、ぷらそにか流。
撮影は、録ったばかりのラフミックスを再生しながら進めているのですが、その頃スタジオでは、引き続きエンジニアさんが本チャンのミックス作業をしてくれています。

がなり!!
演奏シーンを撮り終って、歌のシーンを撮ることに。
スピーカーからラフミックスを流しているのですが、間違えないように少しだけ先行して歌詞をナレーションしてくれる晃世。

●22:00
Mix Check

無事に撮影も終了!!!
撮影が終わって機材を片付け終わる頃、ちょうどミックスも完成しているというのが、いつもの流れ。
みんなでミックスが完了した音源を聴いて、必要に応じてバランスの直しをしたらこの日の作業は終了です!!
最後に、完成した音源を聴く上野君とりらちゃん…。
上野君は、この瞬間が至福なんだって。

みなさん、お疲れ様でした!!!

という訳で、完成形はこちらです!!

  • はてなブックマーク